ごあいさつ

宇都宮市の祥雲寺は歴史のある曹洞宗のお寺です。
栃木県庁のすぐ北にあり、自然林の中には西国三十三番の観音像が祀られています。
また、樹齢350年を超える枝垂れ桜の老樹は県天然記念物として有名です。
たくさんの方々に仏教を親しんでいただくことを願いとし、様々な信仰行事を催しています。

ようこそおまいり

行事・イベント 栃木 宇都宮 祥雲寺 | 桜や祭りが名物の寺

お知らせの記事

  • 2月15日 涅槃会(お釈迦様の命日の法要)

    2019年2月16日

    本堂中央、涅槃図

    2月15日、お釈迦様の命日の法要「涅槃会」を宇都宮仏教会の方たちと祥雲寺で行いました。

    当日はこの冬指折りの寒い日となりましたが、大勢来ていただいてお勤めできたことを有り難く思います。

    住職挨拶

    製作者 杉山寒月先生挨拶

    宇都宮仏教会修行

    参詣者のご焼香

     

  • 平成31年2月 観音朝詣りのお知らせ

    2019年2月16日

     

    十日の雪でうっすら雪化粧

    参道の羅漢様も白装束に

    雪景色の梅園

     

     文楽の壺坂霊験記を見ました。

    西国観音霊場第六番壺阪寺を舞台としたお里と沢市の夫婦愛の物語です。

     

     幼い時の病がもとで失明した沢市に、親戚のお里が嫁ぎました。彼女は働き者で夫思いの優しい女です。

    沢市の眼がよくなるようにと毎日壺坂観音にお詣りします。

     

     沢市は毎朝暗いうちに家を出るお里の不義を疑い、ある日そのことを問い詰めますが、自分の眼病平癒の願掛けであることを知って、深く恥じ入ります。

    満願の日、二人はそろって壺坂の山を登ります。

     

     沢市の心には新たな思いが生まれました。

    自分が死ねば、器量よしと評判されるお里には別の男との幸せな将来があるだろうと。

    口実を作ってお里を帰した沢市は、谷に身を投げました。

     

     胸騒ぎを覚えて引き返したお里は、沢市の死を知り同じ所から身を投げます。

     

     しかし、二人は死にませんでした。

    観世音の妙智力によって救われ、そのうえ沢市の眼が見えるようになったのです。

    観音経には、崖から落ちる事があっても、観音様を念じれば救われるという経文があります。

     

     大阪での初演は明治12年、後に東京でも上演され大評判となりました。

    妻の幸せを願い命を捨てる夫、夫への一途な愛情から後を追う妻、当時の人々の持っていた夫婦の心情の理想を描いて、感動を与えました。

     

     この物語のような夫婦愛は現実離れしています。

    それでも上演は続いています。

     

     文楽は人形遣い操(あやつ)る人形劇です。

    情感のこもった太夫の語りを耳にしながら人形を見ていると、人形遣いの姿は消えて生きている人形が見えてきます。

    生身ではない人形だからこそ、観客の心にうまれた感動が純化されて投影されていきます。

     

     芸術は、絵画でも演劇でも文学でも、見る者、読む者の心に想像の広がりを与えてくれるものです。

    文学はまことにすばらしい芸術であると思いました。

               平成31年2月15日 祥雲寺住職 安藤明之

     

     寒さ極めて厳しいときですので

    十八日の朝詣りは午前九時から行います。

  • 31年2月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2019年2月13日

    涅槃図を中央に移動。折り紙教室の人たちと飾りつけをしました。

    皆まさに塔を建てて供養すべし 故は如何まさに知るべし この所は即ち是道場なり

                                『妙法蓮華経如来神力品』

     

     来たる2月19日から祥雲寺主催ミャンマー参拝旅行に行って参ります。

    この企画は平成28年のインド仏跡参拝旅行から温めてきた物です。

     

     今回の企画の三本柱として

    ・他国の仏教信仰、文化に触れる。

    ・宇都宮は太平洋戦争時、駐屯兵団がミャンマー方面に出兵した為インパール作戦従軍の帰還者、戦没者が多い。

     故に縁故の地の子孫として今も現地で守られている戦没者慰霊碑にお参りを行う。

    ・もちろん折角の海外旅行、観光を楽しむ。

    を掲げ、計画してきました。

     

     ミャンマーは国民の大半が仏教徒の仏教国です。

    国土の至る所にパゴダと呼ばれる仏塔が建てられ、お参りされています。

    塔というのは仏教のシンボルでもあるのです。

     

     お釈迦様は80歳の2月15日に亡くなられ、その遺体は火葬されて分骨され、沢山の塔に納められて崇拝されてきました。

    法華経の神力品に曰く

    「いかなる所でも塔を建てて供養しなさい。道を歩む者は仏塔を人生の問題を解決する道場と見定め、ここで修行し智慧の眼を開き、涅槃の境地に入ったのだ」

    塔こそ仏教のシンボルとされたからこそ、日本のお寺でも三重の塔などの仏塔が建てられ、お墓も仏塔を模した石塔が建てられてきたのです。

     

     ミャンマーの旧首都ヤンゴンの中心には、同国の信仰の中心ともなっている壮麗な仏塔、シュエダゴン・パゴダがあります。

    お釈迦様が悟りを開いた直後、帰依した旅の商人が数本の髪の毛を頂戴し、それを塔に奉ったことが起源だそうです。

    願わくはこの参拝旅行が良い縁と、参加者皆にとって素晴らしい機会となる様、私も心して最後の準備に臨みたいと思います。

                                                          祥雲寺副住職 安藤淳之

     

    一人で修行を行おうとすると、怠けてしまったり後回しにしてしまい続かない場合もあります。
    ですがみんなで行えば、難しいことでも楽しく行えるはずです。
    この朝坐禅会はそのような場となるよう始めました。
    一日の始まりを迎えるこのひと時、ご一緒に「かろやかに」生きてみませんか?

    日時:2月18日(月)朝6時半~8時(途中参加、途中退出可)ミャンマー参拝の為今回は第三週開催

    6時30分~7時10分(一回目の坐禅)

    7時20分~8時    (二回目の坐禅)

    場所:祥雲寺本堂一階

    用意:身一つで大丈夫です。

    足の組めない方は椅子での坐禅もできます。

     

    注意:初めての方は最初に指導を行います。

    その為可能ならば一回目の坐禅から参加されてください。

    また、祥雲寺では毎週水曜夜6時(第四水曜のみ休み)、雀宮布教所「善応院」にて坐禅会を行っています

  • 涅槃会のご案内

    2019年2月13日

    涅槃図開眼式を御詠歌講と行いました。

     

    この度新しくなりました涅槃図

     

    2月15日はお釈迦様の命日です。

    今から2600年ほど昔、クシナガラという処で2月15日の満月の夜、二本の沙羅の木(沙羅双樹)の下、たくさんのお弟子に見守られながらお釈迦様は涅槃に入られました。

     

    その事からお寺では、2月1日から14日まで「涅槃図」という絵を掲げてお経を毎晩読み、15日の命日に「涅槃会」という法要を行ってこの日を偲んでいます。

     

    この度、祥雲寺の涅槃図を新調し、15日にお披露目もかねて宇都宮仏教会主催の涅槃会を、祥雲寺本堂にて行います。

     

    どなたでもお参りいただける場です。

    沢山の方にお越しいただければと思います。

     

    場所:宇都宮祥雲寺本堂2階

    時間:午後2時より 住職、及び製作者杉山寒月先生の講話

       午後3時より 涅槃会

  • 30年9月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2018年9月22日

    曼珠沙華

    生をあきらめ死をあきらむるは仏家一大事の因縁なり

                                   『正法眼蔵』永平道元

     

     先月の続きを書きます。

    以前曹洞宗の布教第一人者とも言われる盛田老師の講義で

    「宗教者は自らの生き死にの問題を明確にすべき」

    といった大意の言葉をいただきました。

    どう生きてどう死ぬのか、宗教はこの大命題に答えるためにあるのです。

    私の思う死生観を書きたいと思います。

     

     昔読んだ本の中に「六尺の病床これ道場なり」というエピソードがあります。

    あるところに病床に横たわる若い僧侶がいました。

    それを見舞った師匠が一枚の書付を枕元に置いていきました。

    それが「六尺の病床是道場なり」です。

    私にとって人生の範ともなっている言葉です。

     

     お釈迦様は布教の旅の中で、貴方も旅などせず畑を耕し作物を育てては?、との問いかけに、

    私は心の畑を耕すものなのだ、と答えられたそうです。

    仏教徒は、自らの、そして他者の心の畑を生涯耕すべく道を弁精進する人たちを言うのです。

    そしてそれは、いかなるところであっても取り組むことの出来るもので、たとえ病床に臥せっていてもなお務め励み精進することは出来るのです。

    私には上記のエピソードは、正に弟子を導く師匠の叱咤激励であるのだと聞こえます。

     

     近い言葉としてはがん哲学外来を開かれている樋野興夫先生の書かれた

    「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげましょう」

    という言葉が挙げられるでしょうか。

    曰く、がんとなり自分の未来を思うことが出来なくなると心が内向きになり萎れてしまう。

    そうした時には自分のこと以外に目を向けるべきだ。

    自分以外の大切なもの、気に掛けることが出来るものを見つけそのために時間を費やしてあげるべきだ。

    人間自分を大切にしすぎると色々なところで行き詰ってしまう。

    だから、自分以外に目を向けることで内向きとなった心の行き所を探すことが出来る、とのことです。

     

     お釈迦様は80歳で死の床に就き、最後まで集われた弟子方の為に教えを説いて、遂には自らの死に様をもって「これこそ私の最後の教え」とされました。

    最後まで「心の畑を耕すもの」であり続けたのです。

    私も及ばずながらお釈迦様の教えの上での孫子であります。

    法の孫として恥ずかしくないよう、受け継ぎ育み伝えていくべく努めることが私の「生死」です。

     

                                                            祥雲寺副住職 安藤淳之

     

    一人で修行を行おうとすると、怠けてしまったり後回しにしてしまい続かない場合もあります。

     

    ですがみんなで行えば、難しいことでも楽しく行えるはずです。

    この朝坐禅会はそのような場となるよう始めました。

    一日の始まりを迎えるこのひと時、ご一緒に「かろやかに」生きてみませんか?

     

    日時:9月24日(月)朝6時半~8時(途中参加、途中退出可)

    6時30分~7時10分(一回目の坐禅)

    7時20分~8時    (二回目の坐禅)

     

    場所:祥雲寺本堂一階

     

    用意:身一つで大丈夫です。

    足の組めない方は椅子での坐禅もできます。

     

    注意:初めての方は最初に指導を行います。

    その為可能ならば一回目の坐禅から参加されてください。

    また、祥雲寺では毎週水曜夜6時(第四水曜のみ休み)、雀宮布教所「善応院」にて坐禅会を行っています。

祥雲寺行事案内

祥雲寺で行ってる月例行事や年間行事、その他法要・祭りなどについてのご案内です。 行事カレンダーもご確認ください。