ごあいさつ

宇都宮市の祥雲寺は歴史のある曹洞宗のお寺です。
栃木県庁のすぐ北にあり、自然林の中には西国三十三番の観音像が祀られています。
また、樹齢350年を超える枝垂れ桜の老樹は県天然記念物として有名です。
たくさんの方々に仏教を親しんでいただくことを願いとし、様々な信仰行事を催しています。

ようこそおまいり

栃木 宇都宮 祥雲寺 | 桜や祭りが名物の寺

新着ブログ

  • 平成31年3月 観音朝詣りのお知らせ

    2019年3月17日

    入口の梅園

    そろそろ梅から桜へバトンタッチ

    今日3月17日は山本の観音堂開扉法要 山本の皆さんとお参りをしました。

     

     

    モンゴルの草原で遊牧の羊や牛が、捨てられたビニールやペットボトルなどを食べて排泄が出来ずにたくさん死んでいます。元横綱の朝青龍が先頭に立って浄化運動が始まりましたが、ポイ捨ての習慣はなかなかなくならないそうです。

     この記事を読んで、思い起こすことがありました。私が最初にインドを訪れたのは昭和57年のことです。大正大学教授の北條賢三先生の主催する旅行に参加しました。

     最初の到着地カルカッタは、ものすごい大勢の人々がわめきながら商売をしたり行き交っている、人間のるつぼと表現したくなる町でした。

     ツアーのバスには物売りが寄ってきます。インドに長く留学していた北條先生は、オレンジのような果物をたくさん買って「これおいしいよ」と言ってみんなに配り、一口、二口かじって、ポンと窓の外に捨てたのです。

     私はそれを見て、なんと勿体ないことをするのだと思いました。北條先生も真言宗の僧籍にある方ですから、僧侶として、してはならないことをしているとも思ったのです。

     私のとがめ立てするような視線を感じたのでしょう。北條先生がおっしゃいました。

    「安藤君。いまのはインドでのマナーなんだよ。おいしいものは、道ばたにいる動物たちに分けてあげるんだ。」

     見ると、道ばたには牛や山羊や豚が自由に放されています。それらの動物が食べるのでしょう。紙ゴミもなく意外にもきれいな道ばたです。動物との共生社会、資源循環型社会の有り様を見た思いでした。

     ところが、それから10数年後、平成6年に再びインドを訪れた時には、道ばたの状況は一変していました。至る所にビニールのゴミが散らかっていたのです。

     便利さ故に、ビニールをはじめプラスチック製品がいたるところに使われた結果、動物たちが消化することが出来ないものがゴミとなって大量に残されるようになったのです。ビニールを食べて死んだ動物もたくさんいたでしょう。

     歴史的に積み上げてきた共生社会の美徳も、便利さを提供する現代文明に簡単に毒されてしまう。現代文明の恩恵を享受した私達こそが、毒をなくす努力をしなければなりません。

    平成31年3月15日 宇都宮市東戸祭1-1  祥雲寺住職  安藤明之

    十八日の朝詣りは午前6時から行います。

  • 祥雲寺ミャンマー参拝旅行(2月19日~25日)

    2019年3月9日

     去る2月、総勢17名の団体としてミャンマー参拝旅行に行ってきました。

    今回の旅行はその主目的として

    ・他国の仏教文化を見聞する

    ・第二次大戦時、ビルマ戦線で多数の死者を出した宇都宮の後世の人として慰霊碑に手を合わせる

    (インパール作戦従軍の33師団「弓」は宇都宮を補充担任として多くの方が戦死している)

    ・参拝のみならず、観光を楽しむ

    これら三本柱を中心に企画しました。

     

    今回の旅程では最大都市ヤンゴン、世界三大仏教遺跡に数えられるバガン、少数民族文化の色濃い山岳地インレーを廻ってきました。

     ヤンゴンの郊外には日本人戦没者慰霊碑があり、今も綺麗に整えられ守られています。

    映画「ビルマの竪琴」等でも伝えられる戦争の過酷な惨禍に遭われた人たちに手を合わせてきました。

    そして大戦中日本がこの地で引き起こした戦災を思えば、被害者でもあるのにこのように守り整えてくれているミャンマー人の温かい心根には感謝するより他有りませんでした。

     バガンは千年前の仏教遺跡群の地です。見渡す限りの平野にパゴダ(仏塔)や寺院が林立し、その数は4000を越えるそうです。小さな遺跡は派出所ほどの、大きな遺跡は宮殿ほどもあり、参拝者の讃嘆の声を集めていますが、驚きなのはこれら膨大な数と規模の遺跡が現在も信仰の場として庶民の力により整備され続けていることです。

    枯れた遺跡としてでは無く今も息づく信仰の地として有り続けること、この地の仏教信仰の根強さを改めて感じさせられます。

     インレーは山岳地の湖であり、昔から湖上に家を建て水耕栽培で糧を作っている水上生活民族の土地です。その独自の文化を体験し、水上生活の妙味を一時ながら楽しませてもらえました。

     最後にヤンゴンに戻り、ミャンマー最大の聖地であるシェンダゴンパゴダに参拝しました。

    2600年前にお釈迦様より賜った髪を納めた巨大な仏塔は黄金と宝石で彩られ、参拝者は昼夜を問わず広い境内を埋め尽くしていました。

     

     ミャンマーは国民の八割が仏教徒とされ、その純朴な心根と敬虔な信仰は種々の仏教文化に、なにより真摯に手を合わせる姿にはっきりと表れており、同じ仏教徒として大いに感銘を受けました。

    此度もご参加いただいた方達との海外旅行を、元気に楽しく行えたことを大変嬉しく思います。

    また良いお参りを皆様と出来るよう企画していきたいと思います。

                                         祥雲寺副住職 安藤淳之

  • ミャンマー参拝旅行写真(1)

    2019年3月9日

    ミャンマー伝統の日よけ「タナカ」 天然木を石やすりにかけて顔に塗ります。

    チャウッターヂー・バヤーの巨大な寝仏さま

    全長70メートル、高さ17メートル

    ヤンゴン郊外の日本人戦没者慰霊碑にて

    慰霊碑の境内は地元の人によって綺麗に整えられています。

    世界三大仏教遺跡「バガン」のホテルにて

    ビルマの竪琴

    シュエジーゴン・パゴダにて こちらの人はお参りで金箔をはって荘厳をされます

    回廊に咲くブーゲンビリヤの下で

    土産物屋のパペットコーナー

    バガンに林立するパゴダは4000以上

    アーナンダ寺院にて

    空港のブーゲンビリヤの大木

    カックー遺跡にて

  • ミャンマー参拝旅行写真(2)

    2019年3月9日

    ミャンマーの辺境。水上生活民族の湖インレー湖にて 5人乗りのボートが気持ちいい。

    伝統の漁師スタイル。櫂を足で漕いで両手で網を手繰って釣る。

    釣果を見せてくれたシルエット

    船着き場の女性

    観光客は稼ぎ場でもある。すぐさま物売りに囲まれる。 この集落では小さい子の役割のようだ。

    地元のお菓子。砂で焼き上げるせんべいみたいなもの

    インディー遺跡にて

    水浴びする水牛

    首長族との写真撮影

    国境付近の山岳民族お手製。イノシシの歯で作った冠。 結構重たい。お値段175ドル。

    水に浮かぶファウンドゥー寺院

    花売りの女の子

    お供えの花

    伝統の蓮の繊維で織物を作る工房。 大分手間のかかる品なのでミャンマーとしてはかなりの高額

    水上生活なので移動は常に船。 お母さんがこいで小さい子でも船にたまった水をかき出す

    ヤンゴンの仏具屋。 日本と違って大分きらびやか。

    ミャンマー最大の聖地シュエンダゴンパヤー 金の貼り直しで足場が組まれているのが残念。

    沙弥(子供のお坊さん) おそらくは地域や学校で皆で一時出家してお参り中、だろうとのこと ミャンマーでは人生の一時僧侶として出家生活を送るのはよくあるそうだ

     

    シュエンダゴンパヤー北側のお堂

    この旅最後のお参りは皆でそろって

     

  • 2月15日 涅槃会(お釈迦様の命日の法要)

    2019年2月16日

    本堂中央、涅槃図

    2月15日、お釈迦様の命日の法要「涅槃会」を宇都宮仏教会の方たちと祥雲寺で行いました。

    当日はこの冬指折りの寒い日となりましたが、大勢来ていただいてお勤めできたことを有り難く思います。

    住職挨拶

    製作者 杉山寒月先生挨拶

    宇都宮仏教会修行

    参詣者のご焼香

     

  • 祥雲寺行事案内

    祥雲寺で行ってる月例行事や年間行事、その他法要・祭りなどについてのご案内です。 行事カレンダーもご確認ください。