ごあいさつ

宇都宮市の祥雲寺は歴史のある曹洞宗のお寺です。
栃木県庁のすぐ北にあり、自然林の中には西国三十三番の観音像が祀られています。
また、樹齢350年を超える枝垂れ桜の老樹は県天然記念物として有名です。
たくさんの方々に仏教を親しんでいただくことを願いとし、様々な信仰行事を催しています。

ようこそおまいり

栃木県宇都宮市の祥雲寺(曹洞宗) | 桜や祭りが名物の寺

新着ブログ

  • 令和3年一月 観音朝詣り

    2021年1月24日

    祥雲寺の除夜の鐘。梵鐘は戦時中鉄の供出で無くなった為本堂の中で鐘をついています。

     

     明けましておめでとうございます。
     今年は丑年、インドでは牛は聖獣です。お釈迦様の名前、ゴータマは最高の牛という意味です。
    祥雲寺の本堂東側階段の踊り場には米田寛画伯の牛の絵が掛けてあります。十牛図の第三番見牛と第四番得牛を表した絵のようです。
    十牛図とは、禅の修行の過程を十枚の絵とそれに添えた偈頌(禅僧の詩)で表現したもので、北宋の郭庵禅師のものが有名です。
     十牛図の第一は、牛を見失った牧童が途方に暮れている図です。
    牛は真の自己を象徴しています。真実のおのれを見失い、迷いから脱却しようとする求道者の出発点です。
     そこから牛の足跡を見つけ、探して牛を見つけ、捕らえて、血みどろの格闘の末に乗りこなして家に連れて帰ると、牛も人も姿を消します。
    ここまでが第二図から第八図に描かれています。修行の過程と悟りを表しています。人と牛が消えてしまうのは、求めるものと求められるものといった思考を巡らすことがなくなり、主体と客体が融合した境地を表します。
    そこに現れるのは日常のあるがままの景色でこれが第九図。出発点と同じ景色でも、迷いから抜け出るとこれが仏様の世界です。
     ここまでは、修行の筋道として頭では理解できます。
    問題は理屈を超えた生き方そのものです。
    最後は町に出て生活する。
    布袋さんとおぼしき人が描かれます。
    真の禅者は人里離れた庵に隠棲するのではなく、町に出て人々と共に生活する。
    布袋さんは10世紀始めごろに中国の寧波市にいた僧がモデルとされます。七福神で知られているように太鼓腹で大きな袋をもっていました。
    袋の中には人々から布施されたものが入っていて、生臭物でも受け取ったそうです。
    これを時に応じて人に配り、自らも食べました。
    威厳あるわけでもなく、尊敬されることもなく、その存在自体が人を癒やし救いとなる人。
    あれ、フーテンの寅さんに似てますね。
     令和3年1月15日
    宇都宮市東戸祭1-1  祥雲寺住職  安藤明之
    今月の朝詣り会は中止します
  • 令和2年12月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2020年12月27日

    フラワーアレンジメント教室で正月飾りのお花を作りました。

    本堂前の門松もたちました。

    正精進
                  『八正道』
     
     先日NHKでやっている番組「ちこちゃんにしかられる」で、法事で読まれるお経って何のための物?という出題がありました。
    ちこちゃんの回答は「お経は生きている人へのお釈迦様からのアドバイス」というもので、これはとても今様な、いい纏め方をしているなぁ、と思いながら聞いていました。
     
     元来仏教は、この移ろう世の中(諸行無常)で、どうしたら心を穏やかにすることが出来るのかを突き詰めた宗教です。
    その為のお釈迦様や歴代の祖師方が説かれたアドバイスがお経です。
    様々種類はありますが、基本的には私たち生きている人間に生き方を説いた物が中心なのです。
     
     ご法事は、亡くなった人へのお祈りの為の機会です。
    故人に喜んでもらえるようにお供え物を用意して、在りし日を想い冥福を祈る時間です。
    この法事の時にお経を読むのは、伝統的には読経の功徳を故人の冥福への祈りに巡らし向けるという言い方になるでしょう。
    生きている縁者が、身心を正しその功徳をお供えして向こうで見守ってくれている故人に喜んでもらおう、という物です。
    何が一番喜んでもらえるかと想うならば、それは生きている縁者がしっかり立派に生きている姿を見せてあげる以上のことは、おそらく無いのでしょうから。
  • 令和2年11月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2020年11月22日
    祥雲寺開山堂、位牌堂

    祥雲寺開山堂、位牌堂

     

    直指人心 見性成仏
     
    お寺の社会における役割を、私は二つのことに分類しています。
    一つには布教、修行道場としてのお寺。
    お釈迦様に始まり歴代の祖師方によって伝えられた仏法を、受け継ぎ育んでまた伝えていくこと。自身と信仰する人によって実践される場で有ること。即ち布教と実践道場としてお寺が有ることです。
    二つには慰霊供養の場としてのお寺。
    家族友人近隣の人、亡くなられた近しい人を送り弔い祀るのに相応しい、葬式法要を行う場としてお寺が有ることです。
    この二つをキチンと行う事が、社会で果たすべき役割で有ると思っています。
     
    ある時県内の老師のお話を聞いていて
    「亡くなった人を仏さまとして導き、残された遺族が仏さまとしていただくことが出来るようにするのが葬式だ」
    という言葉が耳に残りました。
    その時は良く理解できませんでしたが、後日になってこれなのかと思える出来事がありました。
     
    2年ほど前の冬、私に大変良くしてくれていた近所のおじさんと親戚のおじさんが立て続けに亡くなられました。
    一月ほど何をするにも手につかず、鬱々とした日々を送っていました。
    ある日の行事を行っている中、ふいに「亡くしてしまった人を思い続けてもどうにもならない。それよりも今あるご縁を大切にしなくては」と思いを転換することが出来ました。
    でもご縁を大切にといってもどうしたらいいのか?
    それこそ私を大切にしてくれたお二人にしてもらったことを、そのまま人にしてあげたらいいではないか。
    そう思い、諸事心がけて臨んでいると、人に親切にしてあげようとする行為の中に故人との思い出が蘇り、寂しさが少しやわらいで、故人のことを身近に感じることが出来るように思えました。
    故人を仏としていただくというのはこういうことなのではないか、今はそのように思います。
     
    まだ上手く整理して話せていませんが、もっと上手に伝えられるよう精進したいです。
    それが私がお寺を守り伝える人として、求められはたすべき役割なのだと思っています。
                            祥雲寺副住職 安藤淳之
    当分の間6時半からの一座のみとなります。
  • 令和2年10月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2020年10月25日

    長野県安楽寺 若林住職筆

     

    正定
          『八正道』
     
    先日テレビをつけましたらNHKBS放送で『海のシルクロード、ブッダと宝石』という番組が放送されていました。
    1980年代に撮影されたものの復刻放送のようです。
    もう40年近く前のスリランカが撮影されていて、海上交易で栄えた遺跡や宝石の採掘、食文化民族問題などが取り上げられていました。
    昔のフィルムですので今よりだいぶ画質は荒いのですが、今よりもなお魅力的に映っている様に感じ、昔の日本からの海外の見え方はだいぶ違ったのだろうと思えました。
     
    スリランカは仏教国ですからもちろん仏教寺院や仏教文化遺跡も大きく取り上げられていました。
    とある厳しい寺院に許可を得て撮影班が入れたとのことで、荒野の真っただ中に十数人の僧侶が起居する様子が撮られていました。
    昔からのあり方を厳格に守るその僧院では、入門を許された後は指導すらされることもなく、やるべき事は経典の暗記と托鉢、そして瞑想のみだそうです。
    近くの集落まで十数キロ歩き、功徳を積みたい信徒から供養を受けてお経を読み上げ、戻って経典を読みそして瞑想を行う、これが修行の全てです。
     
     お釈迦様の教えに八正道があります。
    苦しみから離れようとするならば、8つの行いを正しく心がけなさい。それが苦しみを滅する道である、と説かれました。
    この八正道の一つが正定、正しい集中の仕方、心の定め方。
    これこそが世界中の仏教徒が瞑想を行い、また私たちが坐禅を行う基であるのです。
     
     国は違えど文化は違えど、同じ仏教徒であり同じく仏道を歩んでいる。
    同じ釈子、お釈迦様の孫子たる遠い遠い親戚筋を見ているようで、私も励みとせねばなぁ、と励まされる心地で見ていました。
     
     祥雲寺副住職 安藤淳之
  • 令和2年10月 観音朝詣りのお知らせ

    2020年10月25日
    長野県別所温泉安楽寺 国宝三重塔の前で住職さんの説明をお聞きしました。

    長野県別所温泉安楽寺

     今年の永平寺参拝の帰りに、信州別所温泉の安楽寺をお詣りしました。平安時代に起源を持ち、森閑とした境内に堂塔が立つ名刹です。国宝の八角三重塔は13世紀末の建造で、現存する日本最古の禅宗様式の建築物です。
     若林住職が自ら案内され説明していただきました。三重塔の屋根はサワラの杮葺(こけらぶき)で60年に一度、全面葺替えがあり、傷みやすい部分は数年に一度の補修が必要だということです。平成23年の全面葺替えの費用はおよそ一億円、6割は国が補助しますが、寺の負担も大変です。23代目住職に当たる若林師は、これまでの住職、檀信徒の労苦を偲び、この堂塔を未来に伝えていくのが私の使命ですと、静かに語られました。
     若林師は、国際援助団体シャンティボランティア会(略称SVA)の会長さんです。SVAは、インドシナ仏教地域を中心とするアジアの教育・文化を支援する活動をしています。この会の前身は、ベトナム戦争後のカンボジ内乱でタイに避難した難民への支援のために設立された曹洞宗国際ボランティア会です。
     海外で活動する団体ですが、阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災では被災地での支援活動をしました。戦乱後の社会基盤が未整備な地域で活動してきたので、現場に即応した効率的な活動ができます。物質的なものだけでなく、入浴や子供たちへの本の読み聞かせなど、精神のケアにまで配慮できるのも、東南アジアでの持続的な支援活動の中で培われたものです。現在のSVAは曹洞宗の枠を超えた国際的な団体となりましたが、その活動を根幹で支えているのは、曹洞宗寺院です。
     私は若林師と大本山総持寺で共に修行したので、人となりはよく存じており、尊敬もしています。授戒会で毎朝早く道場に行って人知れず便所の掃除をしていた人です。手柄を誇ることなど微塵もなく、黙々と僧侶の務めを果たしている、このような人たちによって内には寺院の護持がなされ、外にはSVAのような活動があることを紹介させていただきます。
     令和2年10月15日
    宇都宮市東戸祭1-1  祥雲寺住職  安藤明之
    十八日の朝詣りは午前6時から行います。
     
     お詣りの後の茶話会は、今月も中止いたします。
祥雲寺行事案内

祥雲寺で行ってる月例行事や年間行事、その他法要・祭りなどについてのご案内です。 行事カレンダーもご確認ください。