ごあいさつ

宇都宮市の祥雲寺は歴史のある曹洞宗のお寺です。
栃木県庁のすぐ北にあり、自然林の中には西国三十三番の観音像が祀られています。
また、樹齢350年を超える枝垂れ桜の老樹は県天然記念物として有名です。
たくさんの方々に仏教を親しんでいただくことを願いとし、様々な信仰行事を催しています。

ようこそおまいり

栃木 宇都宮 祥雲寺 | 桜や祭りが名物の寺

新着ブログ

  • 平成31年1月 観音朝詣りのお知らせ

    2019年1月26日

    元朝祈祷 除夜の鐘に引き続き徹夜で正月の祈祷を行います。

     

    新年おめでとうございます。

     来月2月15日に、宇都宮仏教会主催の涅槃会の会場を引き受けました。

     曹洞宗のお寺では、毎年2月になると涅槃図を掛けて14日までの2週間、毎夕お釈迦様の最後の説法である遺教経を読誦して15日の涅槃会を迎えます。涅槃会は降誕会(花祭り・4月8日)、成道会(12月8日)と並んで仏教徒の聖日ですので、15日にはどの宗派のお寺もそれぞれに行っているのですが、仏教会主催の涅槃会も修行されるのです。

     祥雲寺はこのほど、本堂内陣の天上絵を描かれた杉山寒月先生にお願いして新たな涅槃図を造立しましたので、それを記念して会場に立候補したのです。

     涅槃図は、お釈迦様が入滅された有様を描いたものです。80才になられたお釈迦様は、霊鷲山を発たれて、北方へと向かわれました。伴う弟子はアーナンダ(阿難尊者)のみ。困難な最後の旅でした。そして、クシナガラという町の郊外の沙羅樹の林の中で身を横たえられたのです。

     急を聞いて集まった弟子たちに最後の説法をされ、2月15日満月の夜に入滅されました。

     涅槃図には、諸行無常の理(ことわり)を重々承知しながら、それでも悲しまざるをえない弟子たちの姿が描かれます。涅槃図の多くには、いろいろな動物たちも集まって悲しむ姿も描かれて、釈尊の入滅が生きとし生けるものの悲しみであることを表しています。ただ、この度新しく成った涅槃図に描かれている動物は獅子のみです。杉山画伯に、日本最古の高野山金剛峯寺所伝の涅槃図を手本としていただきたいとお願いしたからです。どうぞ、2月15日午後2時からですのでお参りされて拝んでください。

      人は必ず死すべきもの。それなら一切のとらわれから解脱して釈尊の入滅のようにありたいもの。そんな願いをこめた歌があります。西行法師の歌です。

     願わくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ

     平成31年1月15日

        宇都宮市東戸祭1-1-16      祥雲寺住職  安藤明之

     寒さきわめて厳しい時ですので

    十八日の朝詣りは午前9時から行います。

  • 30年12月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2018年12月16日

    株式会社ダイナム社員研修会。 白装束を用意されての研修です。

    要望により、普段行っていない警策を用いての坐禅会となりました。

    この法は人人の分上にゆたかにそなわれりといへども、いまだ修せざるにはあらわれず、証せざるにはうることなし
                                 正法眼蔵弁道話
     
     「ほとけさま」に手を合わせましょう。
    法事の際など、お寺で良く聞く言葉です。
    ここで言うほとけさま、とは如何なる存在であるのか、何故尊いのか合掌礼拝するのか。
    そんな疑問を持ったことはないでしょうか?
     私には一つの確信があります。
    私は、生きて呼吸をし、血肉を備えた生身の仏様にお会いしたことがあるのです。
    かつて修業時代、福井県の大本山永平寺で摂心という修行に臨んでいる中で、坐禅をしながらの給仕のために坐禅堂を見渡してみれば、そこには数十人を超える生きた「ほとけさま」が座っていられました。
    それは共に修行に励んでいた同輩や先達、同じく迷い悩みながら精進していた俗人であった私たちが、思わず手を合わせ拝みたくなる「ほとけさま」達として無言の内に世の片隅を照らしていたのです。
    故宮崎禅師様は「坐禅をすれば良き人となる」と言われていましたがそれは事実です。間違いのないことです。
    「ほとけさま」とは、私たちの心のはたらきの中に時として立ち現れ出でる尊い「ほとけごころ」の表れなのです。
    お坊さんとは仏教徒とは、「ほとけごころ」に生きることを目指す人たちなのです。
     
     では「ほとけごころ」とは如何様にすれば現れるものなのでしょうか。
    坐禅の境地で日々に臨むことができればこの上ないのでしょうが、
    曹洞宗の高祖道元禅師は著書『正法眼蔵』生死の巻でこう説かれています。
    「思うに、仏となるには、ごくたやすい道がある。
    それは、もろもろの悪事をなさぬこと、生死に執着する心のないこと、そして、ただ、生きとし生けるものに対してあわれみを深くし、上をうやまい、下をあわれみ、なにごとを厭う心もなく、またねがう心もなく、つまり、心に思うこともなく、また憂うることもなくなった時、それを仏と名づけるのである。
    そして、そのほかに仏をもとめてはならない。」(増谷文雄訳)
    生き方を調えることで惑い迷う自己を少しずつ変えていく、その中で心が「ほとけごころ」へと向かっていく、つまり訓練で培っていくものなのです。
     あの日に見た尊い在りよう生き様。
    それを忘れぬようこれからもこの仏道を歩んでいきたいです。
                                    祥雲寺副住職 安藤淳之
    一人で修行を行おうとすると、怠けてしまったり後回しにしてしまい続かない場合もあります。
    ですがみんなで行えば、難しいことでも楽しく行えるはずです。
    この朝坐禅会はそのような場となるよう始めました。
    一日の始まりを迎えるこのひと時、ご一緒に「かろやかに」生きてみませんか?

    日時:12月17日(月)朝6時半~8時(途中参加、途中退出可)12月のみ第三週開催

    6時30分~7時10分(一回目の坐禅)

    7時20分~8時    (二回目の坐禅)

    場所:祥雲寺本堂一階

    用意:身一つで大丈夫です。

    足の組めない方は椅子での坐禅もできます。

     

    注意:初めての方は最初に指導を行います。

    その為可能ならば一回目の坐禅から参加されてください。

    また、祥雲寺では毎週水曜夜6時(第四水曜のみ休み)、雀宮布教所「善応院」にて坐禅会を行っています

  • 平成30年12月 観音朝詣りのお知らせ

    2018年12月16日

    写経会の人たちと成道会

     

    本尊様の台座にお経を書写した石を納める

    コンピュータを造ったのは人間です。ハード、ソフトといわれる、機械と処理技術の開発も人間の意思と創造力によってもたらされたものです。そこには開発者の個性が投影されています。
     アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブスは誰もが認める最先端のコンピュータ開発者です。彼はまた、曹洞宗の禅僧を師と仰ぐ仏教徒でもありました。
     11月26日に聴講した駒澤大学の石井清純先生の「禅の教えをいまに活かす」という題の講演で、ジョブズについて触れていた内容の一部を紹介します。
     彼が開発に当たって常にシンプルなものを目指しました。自分が開発し積み上げてきた機械や機能でも惜しみなく捨て去りました。
     その基準は、禅で大切にされる「初心 」でした。
    「もし今日が人生最後の日だとしたら今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか」
    本当に今すべきこと、どうしてもやらなければならないことの役にたつコンピュータを造ることが彼にとっての初心であったのでしょう。一期一会にも通じる言葉です。
     会社宣伝のポスターは、真ん中にリンゴ、上に「シンプルが究極の宣伝」とだけがあるまことにシンプルなものでした。石井先生は禅僧の描く一円相を思わせると評されました。
     また、ジョブズは、古いものをただ捨てたのではありません。先人への感謝を失いませんでした。
    「クリエティブな人というのは、先人たちの残してきたものに感謝しているものだ。それに何かを付け加えたい、そう思って僕は歩いてきた」
     正 しい教えを伝え遺(のこ)す、そして、師の徳を超えなければ徳は半減してしまう。禅宗で嫡嫡相承(てきてきそうじょう)という言葉で表される思想に通じています。
     ジョブズは、青年時代ヒッピーの生活を送ったこともあるそうです。放浪は精神遍歴でもあったのでしょう。才能あるものが遍歴の末に現代文明を花開かせた。その契機の一つに日本の禅との出会いがあったことは、禅のみならず日本文化の人類社会への可能性を示すものでもあります。
     平成30年12月15日
        宇都宮市東戸祭1-1-16      祥雲寺住職  安藤明之
    十八日の朝詣りは午前6時半から行います。

  • 30年11月 朝坐禅会「指月の会」案内

    2018年11月22日

    福寿草 小さい秋みーつけた。

     

    「正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんがためなり」

                               五観の偈

     

     上記の一文は、曹洞宗の僧侶が食事の際に唱える文言です。

    日常の生活すべてを修行の場と心得、食事もまた修行と永平寺の道元禅師は説かれました。

    修行の目的とは、三毒と呼ばれる悪行の根っことなる心の働きから離れることです。

    三毒とは貪(むさぼり)瞋(いかり)痴(おろかさ)の三つです。

    ・貪とは貪欲。むさぼり執着すること。

    ・瞋は瞋恚で、自分の心に違うものをいかり憎むこと。

    ・痴は愚痴で、ものの道理のわからぬ愚かさのこと。

    心の迷いを防ぎ、身と口がつい犯してしまう過ちから離れるには、この三毒をなくすことが最高の修行であると説かれています。

     

     食事は生きることに欠くことは出来ません。

    しかし不足するなら不和が生まれ過ぎたならば健康を害するものとなります。

    美味しすぎればむさぼりの心が芽生え、不味い足りないとなればいかりの心が燃え上がります。

    先日勉強会である人から指摘がありました。

    「現代の食生活は、美味しすぎるから過食という病が生まれるんだ」と。

    ジャンクフードと呼ばれる、現代に多く見られる部類の食事は味が濃いのが特色です。

    味が濃いと味覚が強く刺激されて、脳内麻薬が分泌されるから限度を超えて食べてしまうそうです。

    そうしたことから、昔の人は精進料理と呼ばれる修行者むけの味の濃くない料理を作ったのです。

    精進料理は淡味、ダシを主軸とし、素材の味を生かした料理とされます。

    味の濃くない、それでいて十分においしい料理によって、貪りの心等の欲望を惹起されすに、体が病み衰えることのないように力をつける薬として頂くこと。

    それが精進料理のコンセプトであり、食事を頂く僧侶にあるべき心構えとなるのです。

     

    食欲の秋、私もまた過ぎることがないように心しなくてはなりません。

     

                                祥雲寺副住職 安藤淳之

     

    一人で修行を行おうとすると、怠けてしまったり後回しにしてしまい続かない場合もあります。
    ですがみんなで行えば、難しいことでも楽しく行えるはずです。
    この朝坐禅会はそのような場となるよう始めました。
    一日の始まりを迎えるこのひと時、ご一緒に「かろやかに」生きてみませんか?

    日時:11月26日(月)朝6時半~8時(途中参加、途中退出可)

    6時30分~7時10分(一回目の坐禅)

    7時20分~8時    (二回目の坐禅)

    場所:祥雲寺本堂一階

    用意:身一つで大丈夫です。

    足の組めない方は椅子での坐禅もできます。

     

    注意:初めての方は最初に指導を行います。

    その為可能ならば一回目の坐禅から参加されてください。

    また、祥雲寺では毎週水曜夜6時(第四水曜のみ休み)、雀宮布教所「善応院」にて坐禅会を行っています

  • 平成30年11月 観音朝詣りのお知らせ

    2018年11月14日

    イチョウの木と本堂

     

     10月の末はハロウィンが話題になりました。

     

     この行事はもともと古代ケルト人の収穫祭だそうです。

    ケルト人は10月31日を秋の終わりとし、冬の始まりから新しい年としました。

    この日には死者の霊が家族を訪ねてくると信じられました。

    古い記録では、祭司たちがかがり火を焚いて作物と犠牲を献げ火の回りで踊ります。

    各家庭はこの火を持ち帰って家を温め、悪霊が入らないようにします。

    子供たちは、仮面をかぶって悪魔や魔女に変装し、家々からお菓子をねだります。

    お菓子をくれないと家にはいたずらをしてもよいということになっていたそうです。

     

     私は、日本の宗教行事と共通するものが多いことに驚きました。

     

     お盆は先祖を迎える行事です。

    迎え火を焚き盆棚に火を灯します。

    夜には村中総出で盆踊りとをしました。

    秋田のなまはげは、仮面をつけ、神(鬼)となって家々を訪ねる行事です。

    十五夜に子供たちがはやしながら家々からお供え物をねだるボージボという行事もありました。

    お供えをくれない家の月見団子は盗んでもよいとされました。

     

     ケルト人は、青銅器時代に中央アジアの草原からヨーロッパにやってきた民族だそうです。

    日本も含めてアジア各地の民族や文化とつながりを持っていたのでしょうか。

     

     元々のハロウィンも含めて、いろいろな祭りに共通するのは、先祖への感謝祭であることです。

    先祖に感謝し、さらにはその霊に子孫たちが護ってもらうことを願う祭りです。

     

     全知全能の神ではなく、血のつながりを感じることの出来るご先祖に感謝を献げるのは、人間の心のはたらきとして自然な感じがします。

    一神教といわれる宗教が生まれる以前の、人間の一番素直な宗教感情だったのではないでしょうか。

     

     仏教は、この世界の真理を悟られたお釈迦様が、悟りの境地から人間の生きる道を説かれた宗教です。

    先祖崇拝は、ともすれば狭い地域や集団、一民族に限定された排他的な感情を生み出しかねません。

    しかし、悟りの光に照らされた時、すべての人間にとっての幸せの基(もとい)である普遍的な感謝の精神へと高められている、そのようにお盆行事をはじめとする日本の先祖供養について私は思っています。

     

     平成30年11月15日

                              祥雲寺住職 安藤明之

     

    十八日の朝詣りは午前6時半から行います。

祥雲寺行事案内

祥雲寺で行ってる月例行事や年間行事、その他法要・祭りなどについてのご案内です。 行事カレンダーもご確認ください。